読書会の始め方-告知と集客(その1)-

札幌で読書会を開催している社会人学び支援家の宇山です。

さて、読書会を開催する上でもっとも気になるところが、告知と集客の方法だと思います。

「せっかく読書会を企画しても、だれも来てくれなかったらどうしよう…」

そんな風に不安に思う人もいるでしょう。

今回から、私がこれまで取り組んできた告知と集客の方法を教えたいと思います。

まず、一番大切なことから教えます。

それは、

不安に思わないことです(笑)。

不安というのは、人間が頭の中で勝手に想像することで発生します。

「読書会やっても、誰もこなかったらどうしよう…」

「誰もこなかったら恥ずかしい…」

基本的に、くるかこないかは、やってみないとわかりません。そして、きてもらうためには、最大限の告知活動をしなくてはいけません。

具体的な告知方法は次回から教えますが、まずは不安な気持ちを忘れて、行動に焦点を合わせるということを覚えてください。

何かお聞きになりたいことがあれば、お気軽にお問い合わせください。不安のなくし方も教えますよ。




コメント

コメントする