第15回札幌ビジネス読書会を開催しました(2013.1.26)

札幌で読書会を開催している社会人の学び支援家こと、購買サポートセンターの宇山です。

新年最初の月もそろそろ終わりです。長いようで短いのが一年、毎日を大事に過ごしたいものです。

今年最初の札幌ビジネス読書会が1月26日の土曜日に開催されました。

貴重な土曜日の午後に、今回は13名の方々が集まってくれました。そのうちの一人は、なんと旭川からの参加です!主催者としても身の引き締まる思いです。

今回の課題本は、近未来の働き方を考えるためにぴったりな一冊です。

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

著者はリンダ・グラットンという組織論を専門とする女性の学者です。400ページ近くある分厚い一冊ですが、近未来の働き方というテーマには興味を持たれる人も多いみたいで、過去最大の出席者となりました。

インターネットの普及、グルーバル化する経済、新興国の台頭など、世界の様相は急速なスピードで変化しています。もちろん、日本も例外ではありません。

1990年代初め頃までの日本は、高望みさえしなければ、大多数の国民が、平凡でも安定した生活のできる国でした。ところが、いまはどうでしょうか。かつては超優良企業といわれたような大企業に勤めていても、さらには公務員でさえ、5年後、10年後が安泰だと言えない状況になっています。

そのような状況で、我々はいったいどのような行動をなすべきなのか、今日の読書会の大きなテーマはその点にあったと思います。

今回は、3チームに分かれてディスカッションを行いました。

ディスカッションは、ファシリテーターと呼ばれる進行役を決め、発表者、書記、タイムキーパーという役割分担をして行います。

今回の課題は、次の質問についての答えを作るというものです。

【その1】
2025年の日本における働き方はどのようになっているか、主な特徴を3つにまとめてください。また、その要因を挙げてください。
【その2】
X世代(1965~79年頃の生まれ)、及びY世代(1980~95年頃の生まれ)が、2025年に明るい未来を迎えるために、どのような行動を起こすべきかアドバイスを作ってください。

みなさん、真剣に議論を行ってくれました。

【その1】への回答
Aチーム
・上層部でも戦う、下でも戦う
・今よりすべてが悪くなるけど、幸せは感じる
・移民がアジアから流入、日本から出ていく人も増える

Kチーム
・エネルギー問題が生じる
・団塊の世代-後期高齢者の問題が広がる
・格差が広がる
・移民が増える

Bチーム
・高齢者でも仕事をしている人が増える(定年の概念がなくなる)→アクティブシニアの台頭
・働く場を日本に限らない人、組織に属さない人が増える→能力のある人は日本以外にも働く場がある
・正規社員と非正規社員の格差がなくなる→相対化

【その2】への回答
Aチーム
・X世代はOS、新しいものを使えるようになりましょう
・Y世代は希望を捨てず、続けること
・どちらの世代も人間力を磨く

Kチーム
・コミュニケーション能力を高める
・理解させる力が必要
・相手を知る力が必要

Bチーム
・居場所を増やしましょう
・心身共に健康に留意しましょう
・本を読みましょう(知らない世界を知るために)
・いろいろな道を考えておきましょう

という発表でした。

未来になにが起きるか、それは誰にもわかりません。大きな変化が日本でも起きるのは間違いなさそうです。その中で、変化に対応しようと行動するのか、それとも目をふさぐのか、それを選ぶことはできます。

これからも、読書会を通じて、未来を共に生きる仲間作りをしていきたいと感じました。

参加者のみなさん、どうもありがとうございました!


コメント

コメントする