カフェで読書好きが交流する会を開催しました(2013.2.28)

札幌で読書会やセミナーで大人の学びをプロデュースしている購買サポートセンターの宇山です。

2月28日には、詩とパンと珈琲の店モンクールにおいて、「カフェで読書好きが交流する会」を開催しました。

今回の参加者は8名でした。バラエティにとんだ本が紹介されました。

哲学好きのTさんは、ギャンブラーの一冊です。勝負師から学ぶ哲学とは? という感じですね。

ブログもご覧ください。

負けない技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「逆境突破力」 (講談社プラスアルファ新書)

読書会ゴッドファーザーのHさんは3冊ご紹介です。今回のテーマはスポーツでしょうか。

卵の緒 (新潮文庫)

上昇思考幸せを感じるために大切なこと

イチロー 勝利への10ヵ条 (静山社文庫)

今回が2回目の参加となるSさんはハーバードで教える日本人の一冊です。

ハーバード白熱日本史教室 (新潮新書)

カバーするジャンルが幅広いTさんは、賢い買物をするための一冊です。

『スーパー〇得買物術』

すっかりモンクールが気に入ってしまったOさんは、京都を紹介する本です。

ふだん着の京都

船越英一郎の京都案内

自己啓発がお好きなTさんは、口ぐせの重要性について書かれた本のご紹介です。

あなたが変わる「口ぐせ」の魔術―言葉の心理学・生理学

大学生のSさんはお気に入りの作家をご紹介です。

地下鉄(メトロ)に乗って (徳間文庫)

今回が初めての参加となったAさんは、中学一年生のときから何度も読んでいる愛読書のご紹介です。

大地 (1) (新潮文庫)


(全4冊シリーズです。)

最後に私は、学生時代に耽溺していた作家の本を紹介しました。

蘇える金狼 野望篇 (角川文庫 緑 362-2)

蘇える金狼 完結篇 (角川文庫 緑 362-3)

まだまだ冬は続きますが、本を通じて心がほんわりと暖かくなるような交流ができたと思います。


コメント

コメントする