札幌カフェ読書会-パンとワインと本で交流-を開催しました(2013.3.30)

札幌で読書会を開催している購買サポートセンターの宇山です。

今回は、参加者がお互いに本を紹介し合うスタイルの読書会「札幌カフェ読書会」を開催している「詩とパンと珈琲の店モンクール」を会場にして、ワインを飲みながら語り合うという交流会をやってみました。

参加者は、男性10名、女性5名、年齢や職業なども幅広いメンバーが集う会になりました。

まずはワインで乾杯のあと、モンクール店長ご自慢のパンを味わいながら、本や趣味の話で交流します。

そのあとは自己紹介、そして本のプレゼンなども行いながら、楽しいひと時を過ごしました。

今回プレゼンされた本は次の通りです。

Oさんご紹介の一冊です。

『慶應三田会 組織とその全貌』島田裕巳

モンクール店長のお勧めです。

『スケッチトラベル』堤大介、ジェラルド・ゲルレ

札幌ビジネス読書会常連のTさんは三冊でした。

『風が強く吹いている』三浦しをん

『縮む世界でどう生き延びるか?』長谷川英祐

『十二人の手紙』井上ひさし

文学もビジネス書も、のKさんは二冊です。

金子光晴のラブレター (1981年)

『夢二の恋文』近藤富枝 監修

世界30ヶ国を旅してきたというMさん、本のほかに、本の舞台となったところのパンフレットも紹介してくれました。

『夜と霧 新版』V.E.フランクル

「アウシュビッツ・ビルケナウ その歴史と今、案内書、記憶の場 博物館」
3点のアウシュビッツで購入したパンフレット
アウシュヴィッツ=ヴィルケナウ強制収容所公式サイト

そのほかには、お勧めジャズのプレゼンなんかもあり、本だけでなくたくさんの話題で盛り上がった一日でした。

参加者の皆さん、有難うございました。


コメント

コメントする