札幌カフェ読書会を開催しました(2013.5.9)

今年の札幌の春は本当に気温が上がりません。

それでも、ゴールデンウイーク明けの札幌カフェ読書会には、大勢の本好きの方が集まってくれました。

この読書会は、自分の好きな本をお互いに紹介し合うという気楽な会です。普段自分が手にすることすらない本を紹介してもらえるところが、いいところと言えます。

それでは今回紹介された本をみていきましょう。

読書会ゴッドファーザーのHさんは2冊です。Hさん、食べ物とか感動系お好きです。

神様のカルテ 3 夏川 草介 (著) 

和菓子のアン 坂木 司 (著)

哲学好きのTさん、今回は私も学生時代に読んだことのある一冊でした。

共同幻想論 吉本 隆明 (著)

今回初参加のKさんは、13世紀イタリアを舞台にした物語です。

旅涯ての地〈上・下〉坂東 真砂子 (著)

以前、別の勉強会に参加してくれたTさんは、「もしも今日出会った人が死神だったら」というショートストーリーのご紹介です。

死神の精度 伊坂 幸太郎 (著)

今回が二回目の参加となるWさんは、記憶する技術に書かれた一冊を紹介してくれました。

記憶力 ウィリアム・W・アトキンソン

今回はお試し参加だったFさんですが、ご自分の記憶からプレゼンをしてくれました。

富豪刑事 筒井 康隆 (著)

今回初登場だったSさんは、江戸に関する一冊です。

うつくしく、やさしく、おろかなり―私の惚れた「江戸」杉浦 日向子 (著)

札幌ビジネス読書会常連のMさん、カフェ読書会は初参加でした。

まず「書いてみる」生活―「読書」だけではもったいない 鷲田 小彌太 (著)

説得の文章技術 (講談社現代新書 (685))

最後に、会場のモンクールを愛してくれているOさんのプレゼンです。

どんな危機にも打ち勝つ100年企業の法則 藤間 秋男 (著)

改めて眺めてみると、いろいろなジャンルの本がありますねぇ…。

読書好きの皆さん、またお会いしましょう!


コメント

コメントする