第21回札幌カフェ読書会を開催しました(2013.11.28)

 購買サポートセンターの宇山です。

 今回の札幌カフェ読書会ですが、告知後あっという間に満員御礼となりました。これまで開催してきて初めての出来事です。初めて参加してくれた人も多く、札幌にも読書会が少しだけ認知されてきたのかな、と思いました。

 今回は男性が3名、女性が6名(内見学1名)というメンバー構成でした。それではどんな本が紹介されたのか見ていきましょう。

 トップバッターは営業のお仕事にがんばっているIさんです。

 タイトルの「ニサッタ」とは、アイヌ語で「明日」を表す言葉だそうです。地元の斜里町を舞台にした小説ということでした。

『ニサッタ、ニサッタ』
乃南 アサ

 二番目はTさん、この本を読んで恐怖におののいてしまったそうです。最近は札幌市街にも出没していますので、皆さんも注意しましょう。

『羆嵐』
吉村 昭

 三番手は初参加のTさん、申し込みは娘さんだったのですが、母親として代理参加です。プレゼンからは眠りをモチーフにした幻想的な小説という印象を受けました。

『白河夜船』
吉本 ばなな

 最近は読書会の常連となってきたHさんは二冊ご紹介です。最初の本はご自身が経営する会社の社員に必ず配布するそうです。

『頂きはどこにある?』
スペンサー・ジョンソン

『天皇陛下のパン職人』
渡辺 藤吉

 初参加のYさんはレストランを展開する会社にお勤めです。今回は二冊ご紹介です。どちらも「癒し」がキーワードと言えそうな本でした。

『日本の森から生まれたアロマ』
稲本正

『ダライ・ラマ こころの育て方』
ハワード・C. カトラー, ダライラマ14世

 カフェ読書会の常連であるWさん、いろいろなジャンルの名言集をよく紹介してくれますが、今日は棋界トップが語る一冊です。参加していた女性陣からは、「将棋って面白いんですか?」という質問がでました。女性はあまり将棋をしないみたいですが、将棋の魅力に目覚めた「将棋女子」なるものが流行るかもしれませんね。

『捨てる力』
羽生 善治

 初参加のSさん、緊張しているので最後のほうでプレゼンしたいということでしたが、感情が伝わってくるいいプレゼンでした。小説のプレゼンってネタバレしないようにするのが難しいんですよね。

『対岸の彼女』
角田 光代

 最後は若手のSさんです。人間の進化と病気の関係とは?という面白そうなテーマの一冊です。

『NHKスペシャル 病の起源 がんと脳卒中』
NHK取材班

 全員の紹介が終わった後には、どの本に興味があるかをみんなで語り合いました。興味を持つ本も人それぞれになるところが、この読書会の面白いところです。

 次回もいろいろな本と人との出会いを楽しみにしております。またお会いしましょう!


コメント

コメントする