第三回札幌ビジネス読書会を開催しました

新しい年も始まり、札幌ビジネス読書会も第三回目を開催する事になりました。

今回の課題図書は、「7つの習慣 成功には原則があった」(スティーヴン・R・コヴィー著)です。

この本は自己啓発本の名著として世界的にもベストセラーになっている本です。約500ページ近い大作ですが、読みごたえのある一冊です。

今回の読書会には、リピート参加の二名に加えて、新たに二名のメンバーが参加してくれました。この大作をしっかりと読みこなし、土曜日にも関わらず、貴重な時間を勉強に使う点は、非常に頭の下がる思いです。

「7つの習慣」では、【重要度】と【緊急度】のマトリックスによるタイムマネジメントの手法が紹介されています。札幌ビジネス読書会は、「重要だけども緊急ではない」という、人生における投資エリアになるでしょう。

今回のディスカッションでは、この本のサブタイトルになっている「原則」とは何か?というテーマに焦点が当てられました。

・人を理解する
・快適な衣食住
・感謝の気持ち
・盗まない、殺さない …

など、誰もが価値を感じる、人間生活における原理的なものが「原則」ではないかという意見が出ましたが、これを突き詰めると、”宗教の根源にあるもの”、または、”道徳や倫理”につながるのではないかという分析が行われました。

もしかすると、「原則」とは「愛」という言葉なのかもしれません。

国家、企業、家庭、宗教組織という人間活動の単位は、この「原則」をベースとして行われる必要があります。しかしながら、今の世界では、「原則」から遠く離れたところで人間の活動が行われ、「原則」の不在による不幸が多発しているのではないか、というのが今回のディスカッションによる参加者の結論となりました。

今日学んだ「原則」を活用して、人生の価値を高めていきたいと思います。

参加者の皆さん、ありがとうございました!

次回は2012年2月25日(土)13:30からとなります。
課題図書は「日米開戦の真実」(佐藤優 著)です。
今年は歴史も主要なテーマとして開催していく予定です。
第四回札幌ビジネス読書会


コメント

コメントする