本を読むことについて

石崎です。

今日は、本を読むということについて書いてみたいと思います。

正直なところ、自分はそんなに本を読みません。読書会主催者の宇山さんとは、ちょっと違います。

まあ、それでも、月に数冊は読んでいますけどね。

この前、宇山さんと酒場で話したんですけど、宇山さんって、本の品評会は嫌みたいです。

「おりゃー、石崎きー、ふぁっくゆーめーん……」

こんな状態だったので、私もあんまり真剣には聞いていませんでしたが。

「おりゃー、石崎、どんな本だって、出来上がるまでの時間があるべさ、書けない人にはもっと長い時間があるべさ。この本がいいとか、あれがいいとか、それはおかしくねーべか」

人はどうして本を読むのですかね。

では、また。石崎でした。

こりゃ、強いな。2着でもOK。このメンバーで2着はすごい。相手悪すぎ。そろそろ春ですよ、宇山さん。


コメント

コメントする