読書会の始め方-テーマを決めよう-

札幌で読書会を開催している社会人学び支援家の宇山です。

さて、読書会を始めるにあたってまず最初に決めることはなんでしょうか。それは読書会のテーマです。

私が始めた「札幌ビジネス読書会」は、その名前の通り、ビジネスに関係する本をみんなで学び合うというのがテーマでした。

私はビジネスコンサルタントをやっておりますので、自分の勉強にもつながり、人脈を増やすことにもなると考えて、「ビジネス」をテーマに選びました。

テーマについては、それこそ本の数ほどあると思います。主催者が情熱を持ってやれるテーマを選ぶと良いでしょう。

文学、ビジネス書、哲学などの大きな分類でもいいですし、例えば文学なら純文学、SF、恋愛小説、ミステリーというようなジャンル別でもいいですし、作家別でも面白いでしょう。また、面白い本、泣ける本、ためになる本などといった、読んだ人の感じ方をテーマにしてみるのもいいかもしれません。

また、読書会には、テーマを決めずに好きな本を紹介しあうというスタイルもあります。

大事なことは、主催者がどんな会にしたいのかをしっかりと考えてみることです。広く浅く交流したいのか、ひとつのテーマに絞ってじっくりと話し合いたいのか、共通のテーマについて学び合いたいのか、などなど、会のコンセプトを明確にすると、参加する人にもわかりやすくなります。

読書会の始め方について何か質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。




コメント

コメントする