第22回札幌ビジネス読書会を開催しました(2013.10.12)

札幌で読書会を主催する購買サポートセンターの宇山です。

プロ野球のレギュラーシーズンも終わり、応援するファイターズは最下位に沈んでしましました。去年は監督就任一年目で優勝した栗山監督の心中や如何。スポーツの世界は結果がはっきりと出ます。その点はビジネスにも参考になりますが、厳しい世界ですね。

さて、第22回目となる札幌ビジネス読書会の課題本は、経営学の大家として有名なあの人の一冊です。

『経営者の条件』
P・F・ドラッカー 著
ドラッカー名著集1 経営者の条件

ドラッカーの本を課題本にするのは今回が初めてです。タイトルには「経営者」とありますが、働くことで成果をあげたい人に向けて書かれた本です。

『普通のマネジメントの本は、人をマネジメントする方法について書いている。しかし本書は、成果をあげるために自らをマネジメントする方法について書いた。(中略)成果をあげるために特別の才能や、適性や、訓練が必要なわけではない。物事をなすべき者が成果をあげるには、いくつか簡単なことを行うだけでよい。成果をあげるためには、本書で述べているいくつかのことを実行すればよい。しかもそれらを実行するために生まれつき必要なものは何もない。』 同書 まえがきより

今の時代は、かつてホワイトカラーと呼ばれた労働層の仕事が、どんどんコンピューターに奪われている時代です。私が社会人になった20数年前には、そろばんや電卓で計算の早くできる人が重宝されていました。今はどうでしょうか。パソコンの表計算ソフトを使えば、何十桁の計算も一瞬で答がでてしまいます。

そんな時代でも、エクゼクティブとして働ける人にはチャンスが広がっています。この本は、エグゼクティブとして成果を出すためにはどうすればいいのか?というテーマから書かれた本です。

今回の読書会には6名の方々が参加してくれました。

「エクゼクティブとはそもそも何か?」
「成果とはなんだろうか?」

といったところから話が始まり、ディスカッションが広がっていきます。

この本でドラッカー氏は、成果をあげるために必要な能力を5つに分類しています。

1.時間管理
2.貢献
3.強みを活かす
4.優先順位をつける
5.意思決定をする

いずれも自己啓発や仕事術などの本でおなじみの項目です。ドラッカー氏は、大企業のCEOや大統領など、数多くのエクゼクティブと実際に会うことによって、このような分析を行ったそうです。仕事で成果を出すためには、この本一冊読めば充分なのかもしれませんね。

長くベストセラーとして読まれている本は、読書会のテキストとしてもぴったりでした。

参加者の皆さん、どうも有難うございました!

20131014


コメント

コメントする