第30回札幌カフェ読書会を開催しました(2014.6.5)

6月の札幌。

たぶん世界で一番素敵な場所かもしれません。

購買サポートセンターの宇山です。

6月最初の木曜日に、30回目となる札幌カフェ読書会を開催しました。

美術館のそばにある小さくて暖かいカフェで、お互いに好きな本を紹介し合うという、やさしい交流会です。

今日の参加者は女性が5名、男性が3名でした。初参加は女性2名です。

それでは、どんな本が紹介されたのか見ていきましょう。

トップバッターは、札幌カフェ読書会を最初から支えてくれているゴッドファーザーHさんです。

初めて会った人をどうやって判断するか。ちなみに残り約7%は、話す内容だそうです。

人は見た目が9割 (新潮新書)
竹内 一郎 (著)

Hさんから感想をもらっています。

おはようございます。

先週のカフェ読書会ありがとうございました。

私のプレゼン本の解説は以下の通り。

「人は見た目が9割」 竹内 一郎著

人は見た目で判断してはいけないといわれてきたが、

第一印象は見た目。

著者は演出家で漫画にも造詣が深い。

顔、アクション、色、香りから受ける印象を演出、マンガの

世界から解説。普段の気配りが変わる本。

お勧め度 ☆☆☆

                        以上

二番目に紹介してくれたのは、今回で2回目となる釧路出身のAさんです。

昔から国際貢献に興味あったそうですが、その想いを改めて考えさせてくれた一冊とのことです。ゴールへの道はいろいろとありますよね。

シャプラニール流 人生を変える働き方
藤岡みなみ (著), 2025PROJECT (著), 渋谷敦志 (写真)

いつも主催者を支えてくれるプロフェッサーHさん、スピリチャル系科学というジャンル(勝手に命名)ですね。

タンパク質の音楽 (ちくまプリマーブックス)
深川 洋一 (著)

小樽から来てくれるHさん、前回のプレゼンでS君から借りた本を、改めて紹介してくれました。この本って、名作かも。

羆撃ち (小学館文庫)
久保 俊治 (著)

今回初めて参加してくれたAさんは、フリーのコピーライターです。読書会に参加するために、久々にしっかりと本を読んできたとのことです。

儲けを生みだす表現力の魔法―感動は設計できる
平野 秀典 (著)

カフェ読書会出席率NO.1のWさん。今日はリーダーとなった人がコーチングを活用するときに役立つ一冊を紹介してくれました。

リーダーのためのコーチング実践Q&A
PHP研究所 (編集)

6月1日に釧路から転勤してきたばかりという看護師のMさん。ディズニーランドからホスピタリティの精神を学んでいるとのことです。環境も変わって大変だと思いますが、がんばってくださいね!

ディズニー精神が教えてくれる心がつながる魔法
徳 源秀 (著)

今日のファイナリストは、とにかくスピリチャル系の本が大好きというMさんです。携帯だってインターネットだって、ほんの数十年の話ですよね、これから何がわかるのか、楽しみです。

超次元の成功法則―宇宙の叡智と意識エネルギーを手に入れる
ウィリアム アーンツ (著), マーク ヴィンセント (著), ベッツィー チェース (著), 江本 勝 (監修), 田中 敦子 (翻訳), 福井 久美子 (翻訳)

今日もいろいろな本が紹介されました。

短い北国の夏が始まります。みんなで楽しみましょう!

Hasta la vista!


コメント

コメントする